お買い物は楽しい!あなたを幸せにする(make you happy)ネットやリアル店舗で購入した便利グッズやサプリなど使い心地、その効果などのレポートブログです。商業施設やテーマパークでの遊び方なども記録しています。

・プラセンタとは何なのか

プラセンタとは胎盤を意味する言葉です。胎盤は赤ちゃんを体の中で育てる際に必ず必要になるものです。赤ちゃんは胎盤を通じて母親から様々な栄養成分を受け取り育ちます。胎盤は受精卵が着床した後に作られるのが特徴で、16週ほどかけてゆっくりと育っていきます。人間の場合は16週程度で胎盤は完成する形になりますが、動物によっては胎盤が作られる期間や形状が違うのも特徴となっています。

胎盤を持つのは基本的に哺乳類ですが、一部のサメ等例外もあります。

・プラセンタの成分と特性はどんなものか

プラセンタには多くのアミノ酸が含まれているのが特徴です。アミノ酸が集まることによってたんぱく質を構成し、体の原材料となります。また、人間は生きているだけで様々なアミノ酸を消費しているため、生命活動の維持にも大事な役割を果たしています。そのほかにも各種ミネラルやビタミン、たんぱく質や酵素など様々な栄養素が含まれています。赤ちゃんを育てるために重要な役割を果たしていることから、人間に必要な栄養素の多くを含んでいるのです。

成長因子が多いのも特徴で、それがそのままプラセンタの特性となっています。成長因子とは細胞の分裂を促すなど、人間の代謝を高める成分を含んだたんぱく質です。少量でも成長因子を取り込むと、細胞の分裂が活発になるなど大きな変化が起こる場合があります。新陳代謝が高まれば、不要な物質を排出し、肌の若返りが期待できるなど様々な効果に期待が出来るようになるのです。

・プラセンタの具体的な効能は

プラセンタは成長因子のほかに美容や体の健康を守るために必要なアミノ酸を大量に含んでおり、アンチエイジングに効果を発揮するといわれています。体の代謝が高まれば老廃物の排出が早まり、肌年齢を若返らせる効果に期待できるためです。シミやシワは代謝が弱まることで発生することがあるため、美白化粧品や健康食品などにプラセンタを配合するケースが増えているのです。美容クリニックでは直接プラセンタを注射し、肌質の改善に結びつける方法も利用されています。

医療の世界では肝臓病の治療などにも使われていて、注射として利用されています。更年期障害の治療薬などとして利用されることもあります。

・プラセンタの原材料はどんなものがあるのか

プラセンタは生き物の胎盤を利用するため、どの動物から採取するかで取れる量が異なってきます。

一般的に利用されるのが豚のプラセンタで、比較適量を確保しやすいのが特徴です。料が確保しやすい分値段が安めになるのが特徴で、プラセンタを大量に使いたい場合に向いています。一方で、すべての豚のプラセンタが利用できるわけではない点に注意が必要です。これは豚の飼育に抗生物質などを利用して、大量に育てる施設も存在するからです。そのため、独自の基準で輸出入や採取に制限をかけているケースも多く、安全基準を満たしているかが大切になります。

高級なプラセンタとして利用されるのが、馬のプラセンタです。馬は豚ほど食肉の文化が根強くないため、比較的安全なものを手に入れやすいのが特徴です。その分採取の費用などがかかるのが特徴で、値段が高くなる傾向があるのです。

安全性が高いため、美容注射や高級化粧品などに使われるのは馬プラセンタが多くなっています。

人由来のプラセンタも存在しますが、これは一般に出回らないのが基本になります。これは医療目的で利用されるためです。母親が病気であれば二次感染などを引き起こしてしまうことがあるため、安全面でも厳重に管理されているのが特徴となっています。

・プラセンタのはどのような用途で使われているのか

プラセンタは医薬品や化粧品、サプリメントなどに利用されています。プラセンタに含まれる成長因子は新陳代謝を高めるため、場合によっては病気の治療にも利用できるからです。医薬品として利用する場合は症状にあわせて利用しなければならないため、誰でも使用できるわけではないのがポイントになります。更年期障害の薬として処方されることもありますが、保険の適用外となってしまうケースもあるため注意が必要です。

化粧品として利用する場合は、肌に塗るクリームなどに含まれているケースが多くなります。成長因子がしっかりと機能すれば肌質が改善されるという考え方になります。美白化粧品や年齢肌を意識した高級化粧品に含まれていることが多いのも特徴です。

サプリメントに利用される場合も、目指す用途はそれぞれに異なってきます。豊富なアミノ酸が含まれることから美肌や年齢対策のサプリに使われるだけでなく、脂肪を燃焼させるためのダイエットサプリに使われることもあるからです。サプリメントとして利用する場合は自分の目的にしっかりとあったものを購入する必要があります。

・プラセンタの安全性は確保されているのか

プラセンタは動物由来の成分になります。そのため、母体が病気の場合などはそのまま危険性を引き継いでしまうことがありえます。そのため、安全性をしっかりと確認してから利用されるのが一般的です。特に医療目的などに使われるものは厳しい検査が行われており、金額が高くなる理由の1つになっています。

日本産のプラセンタは比較的安全性のチェックがしやすいことから人気となっています。しかし、生産できる量が限られるため、サプリメントなどに利用されるのは外国産のものが多くなっています。注射などに利用する医療用や美容用に比べて、基準を引き下げても安全に服用できる場合が多いからです。

一般的に利用されるのは豚のプラセンタですが、安全性を確保するために過密飼育をしないなど独自の基準を設けている国もあります。過密飼育をすればストレスが原因で豚が病気になる確率が高まり、治療のための薬の成分などがプラセンタに混じってしまうことがあるからです。どこの国のプラセンタを利用しているかに着目するのもひとつの方法です。

化粧品にせよ、サプリにせよ、安全性を確認して商品化するのは基本です。特に日本は品質に関する意識が厳しいため、安全を確認してから販売されているのです。外国産で素性のわからないものなど、怪しいものを買わなければ安全なのです。

よく使うお買い物先

楽天
アマゾン