お買い物は楽しい!あなたを幸せにする(make you happy)ネットやリアル店舗で購入した便利グッズやサプリなど使い心地、その効果などのレポートブログです。商業施設やテーマパークでの遊び方なども記録しています。

大麦若葉は青汁に使用されるほど、栄養価の高い植物になります。そのため、様々な効果が期待できます。それでは、大麦若葉を詳細に紹介していきます。

<大麦若葉とは>

大麦若葉とは、その名の通り大麦の若い葉っぱのことをいいます。イネ科の植物で、生命力が強く、古くから人々に親しまれてきました。大麦若葉の旬は2月になり、寒さに強い植物になります。一般的な青汁の苦みや臭みがないことから、大麦若葉青汁はとても飲みやすいものとなっています。

<大麦若葉の成分と効果>

大麦若葉にはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれており、様々な健康効果が期待できます。それでは、一つずつ効果を紹介していきます。

〔腸内環境を良くする効果〕

大麦若葉には便秘解消に効果のある2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。その2種類とは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維になります。水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維になり、善玉菌の餌になり、善玉菌の働きを活発にします。不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維になり、主に便のカサを増やしたり、腸の蠕動運動を促す働きがあります。この2種類の食物繊維の働きにより便秘解消を促し、腸内環境を良くすることが期待できます。

〔老化防止効果〕

人間の体は、活性酸素により老化が促進されてしまいます。大麦若葉にはその老化を防止する働きのある「SOD酵素」という成分が豊富に含まれています。SOD酵素には抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。そのため、老化を防止することが期待できるのです。活性酸素は普段の生活習慣により増えてしまうので、注意が必要です。

〔造血作用〕

大麦若葉には鉄分とビタミンCとクロロフィルが豊富に含まれています。鉄分は血液を造る働きのある栄養素で、ビタミンCは鉄分の吸収をサポートする栄養素になります。そして、クロロフィルは血液を造るのをサポートする働きがあります。そのため、大麦若葉をとると造血作用が期待できるのです。血液は酸素や栄養を体全体に運びます。そのため血液が不足して貧血になると、耳鳴りや立ちくらみや倦怠感などを引き起こしやすくなるので注意が必要です。

<大麦若葉の副作用とは>

大麦若葉青汁を飲むことによって起きやすい副作用は下痢になります。これは大麦若葉に含まれている食物繊維が原因となります。しかし、この症状の多くは好転反応となり、慣れたり少し量を減らすことにより徐々に落ち着いていくので心配ありません。そして、妊娠中の人は大麦若葉青汁を飲んでも問題ないのか気になると思います。基本、大麦若葉青汁を飲んでも問題ありません。妊娠中はバランスよく栄養を摂ることが大切なので、大麦若葉青汁を飲んで栄養を補いましょう。しかし、飲み過ぎは体に毒となるので、飲み過ぎないようにしましょう。

<おすすめする大麦若葉のサプリや青汁について>

おすすめする大麦若葉のサプリメントは、オーガランドの「大麦若葉粒タイプ」になります。そして、おすすめの大麦若葉の青汁は、サントリーウエルネスの「極の青汁」になります。これらの商品は、大麦若葉の栄養素を手軽に摂ることができるので、野菜不足や野菜嫌いな人に飲むことをオススメします。

よく使うお買い物先

楽天
アマゾン